なら思春期・ 不登校支援研究所

更新履歴

2022年7月25日
オンライン募集人数の修正を行いました。

2022年6月29日掲載 〇日程:日時2022年8月13日(土)・8月14日(日)・8月15日(月) 9:30~16:00 (全3日間)
*締め切り 7月 31 日(木) 定員24名ー定員になり次第締め切ります
▲▲▲▲▲
この「実施から報告まで学ぶWISC全3回」研修会は 会場とオンラインの同時開催で行いますが、 会場の定員をコロナ感染拡大のために定員12名の半分の6名にしました。
そのため、会場での定員は7月18日現在で満席となりました。
この後は、オンラインのみの募集となりますのでよろしくお願いします。

>>実施から報告までを学ぶWISC-V申し込みフォーム<<


=======================================
これまで行った勉強会・セミナー・親の会など>>



当会の目的と活動

 「今、社会全体に先が見えにくく生き辛い時代になっています。子どもたちが通う教育現場も、いじめや暴力行為、学級崩壊など、楽しく学校に通うことができない子どもたちが増えています。
 文科省のデータでも、2019年に確定版が出された2017年度の小・中学生の不登校人数は過去最高であったと言われています。ただ一方で、「教育機会確保法」により、不登校は<問題行動>ではなく、学校教育環境を変えることの必要性が叫ばれるようになりました。
 それでも、学校に行けないことで、悩んでいる子どもたちやその親御さんは後を絶ちません。そうした当事者の支援を考え、本音が書き込める掲示板を運営することを目指して本研究所を立ち上げることになりました。
 2020年度から本格的に動き出す予定ですが、まずは、不登校の経験者が互いに本音を吐き出せる場として掲示板を始めます。

研究所アドバイザー(50音順)
 ・伊藤美奈子 奈良女子大学 教授
 ・阪中順子 奈良女子大学大学院非常勤講師
 ・相馬誠一 東京家政大学名誉教授
 ・竹下三隆 奈良教育大学 非常勤講師
 ・良原惠子 スクールカウンセラー
 <研修担当>
 ・粕谷貴志 奈良教育大学 教授
 ・栗本美百合 奈良女子大学 特任教授


© 2020-  なら思春期・ 不登校支援研究所 , All rights reserved.
futoko.sien.labo@gmail.com